マンションを貸すと家賃収入などのメリットがあります。

マンションを貸すメリット

マンションを貸す / 不動産売却

貸すと言っても借りる人が決まっている訳ではないため、専門の業者に相談することにしました。
専門業者に行くと、マンションを貸すことのメリットなどを詳しく説明してくれます。
貸している間は賃貸料が入るため、毎月の返済を楽にすることが可能です。
転勤しても手放さない場合はローン代を捻出できるか不安だったので、賃貸収入はとても大きいメリットになります。
長期間換気などをしていないと傷みやすくなりますが、人が住んでいればその心配も必要ありません。
毎月支払うローン代を考えると、売却することも考えていました。
しかし、専門業者の説明を聞き不安を解消することができたので、売却ではなくマンションを貸すことに決定です。
貸す方法にも、数種類あることがわかりました。
貸出をしている期間、業者が家賃を支払ってくれるのがサブリースです。
借りる人が見つからない場合でも、家賃収入の心配をする必要がありません。
収入の不安がないことがメリットですが、普通の賃貸よりも家賃が低くなるのがデメリットです。
転勤などの短期間だけ貸し出すのがリロケーションと呼ばれている方法で、あらかじめ伝えておくとスムーズに家に戻れることがメリットになります。
転勤期間だけ貸し出しをしたいと考えていたため、私たちに一番ピッタリな方法だと考えました。
これ以外にも定期借家契約とよばれているものがあり、あらかじめ賃貸期間を決められることがメリットです。
この方法で貸し出しをしても、転勤が終わった時にすぐにマンションに戻ることができます。

購入したばかりのマンションがマンションを貸すメリット家賃収入でローン代をカバー